今年度基金賞への応募・推薦は69点

基金賞贈呈式は12月10日(土)、日本記者クラブで

 

 今年度の第22回平和・協同ジャーナリスト基金賞の候補作品を募っていましたが、10月末までに応募、推薦合わせて69点が寄せられました。有識者による選考委員会で受賞者・受賞作品を決定し、12月10日(土)に贈呈式を行います。

 

 日時:2016年12月10日(土)午後1時~4時30分

(開場は午後0時30分)

 

 会場:日本記者クラブ大会議室

(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル9階。東京メトロ千代田線・日比谷線・丸ノ内線の霞ヶ関駅、都営三田線内幸町駅下車)。 参加費:どなたでも参加できますが、第1部贈呈式のみの方は無料、

第2部祝賀パーティーまで参加される方は3000円

 

第22回平和・協同ジャーナリスト基金賞にノミネートされた作品(2016年)

 

                  ●は映像関係、カッコ内は推薦者名、敬称略

 

●1 李鶴来「韓国人元BC戦犯の訴え」<梨の木舎、16・4・24>(丸浜江里子)

 2 上丸洋一「新聞と憲法9条」<朝日新聞出版、16・2・28>(峯村泰光、上丸洋一)

  3 大塚茂樹「原爆にも部落差別にも負けなかった人びと」<かもがわ出版、16・6・5>

       (岩垂弘、かもがわ出版編集部、千葉智恵子)

 4 広岩近広編「わたしの<平和>と<戦争>」<集英社、16・6・10>(岩垂弘)

●5 マルク・プティジャン監督作品「ヒロシマ,そしてフクシマ」<製作ドミニ・ベロワー

   ル、2015年>(鎌倉悦男)

●6 犬童一利監督作品「つむぐもの」<「つぐむもの」製作委員会、2016年>(鎌倉悦男)

●7 是枝裕和監督作品「いしぶみ」<広島テレビ=ドキュメンタリージャパン、2016年>

      (鎌倉悦男)

●8 原村政樹監督作品「無音の叫び声」<「無音の叫び声」製作委員会、2015年>

   (鎌倉悦男)

●9 井上淳一監督作品「大地を受け継ぐ」<「大地を受け継ぐ」製作運動体、2015年>

       (鎌倉悦男)

●10 田中圭監督作品「桜の樹の下」<だいふく、2015年>(鎌倉悦男)

●11 佐藤太監督作品「太陽の蓋」<「太陽の蓋」プロジェクト、2016年>(鎌倉悦男、 清水浩之)

●12  大浦勝監督作品「五島のトラさん」<テレビ長崎、2016年>(鎌倉悦男)

●13 古居みずえ監督作品「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」

<「飯館村の母ちゃん」制作支援の会、2016年>(鎌倉悦男、佐藤博昭)

●14 西原孝至監督作品「わたしの自由について~SEALDs2015~」<sky-key factory、2016年>(鎌倉悦男)

●15 松井久子監督作品「不思議なクニの憲法」<エッセン・コミュニケーションズ、2016年>

 (鎌倉悦男)

●16 佐々木聰監督作品「ふたりの桃源郷」<山口放送、2016年>(鎌倉悦男)

  17 秋山千佳「ルポ 保健室」<朝日新聞出版、16・8・30>(星野新一)

●18 新田義貴監督作品「アトムとピース~瑠衣子 長崎の祈り~」<ソネットエンタティメント、2015年>(鎌倉悦男)

●19 藤本幸久・影山あさ子監督作品「圧殺の海第2章『辺野古』」<森の映画社、2016年>

 (鎌倉悦男、笠原眞弓)

●20 満田康弘監督作品「クワイ河に虹をかけた男」<瀬戸内海放送、2016年>

 (鎌倉悦男、佐藤博昭、中村易世)

●21 小林茂監督作品「風の波紋」<カサマフィルム、2016年>(佐藤博昭、鎌倉悦男)

●22 重江良樹監督作品「さとにきたらええやん」<ノンデライコ、2016年>(佐藤博昭・清水浩之)

●23 山崎樹一郎監督作品「新しき民」<一揆の映画プロジェクト、2015年>(清水浩之

●31 NHK沖縄放送局 NHKスペシャル「沖縄 空白の1年~“基地の島”はこうして生  まれた~」

<2016年8月20日放送>(清水浩之、中村易世)

●32 南海放送 NNNドキュメント’16「18歳…生徒手帳と私の一票」<2016年8月21日放送>(清水浩之)

●33 NHK ETV特集「関東大震災と朝鮮人~悲劇はなぜ起きたのか~」<2016年9月3日放送>(清水浩之)

●34 NHK・テレコムスタッフ 100分de名著「石牟礼道子“苦海浄土”」<2016年9月5日~26日放送>(清水浩之)

  35 中国新聞社「学ぼうヒロシマ 中学生新聞」<2016>(岩垂弘)

  36  竹内敬二「チェルノブイリ30年」<朝日新聞、16年4月24日~26日>(岩垂弘)

  37 毎日新聞社「夕刊『特集ワイド』欄の平和に関する一連の記事」<2015~2016>(岩垂弘)

  38 永田浩三「ヒロシマを伝える 詩画人・四國五郎と原爆の表現者たち」<WAVE出版、16・7・31>(漆原淳俊)

 39 金澤敏子、向井嘉之、阿部不二子、瀬谷實「米騒動とジャーナリズム」<梧桐書院、16・8・8>(金澤敏子)

   40 高文研の沖縄に関する一連の出版活動<2011~2016>(芦澤礼子)

   41 森永玲「反戦主義者なる事通告申上げます-消えた結核医 末永敏事-」<長崎新聞連載、2016年6月~10月>(関口達夫)

  42 アジア記者クラブ通信およびアジア記者クラブの一連の活動(木村知義)

  43 500号を超えた「核兵器・核実験モニター」<NPO法人ピースデポ>(岩垂弘)

 44 おしどりマコ・ケン(夫婦漫才コンビ・DAYSJAPAN編集委員)の活動(中村易世、丸浜江里子、千葉智恵子)

 45  創刊46年を迎えたロシナンテ社『月刊むすぶ』(中村易世)

 46 「市民のための自由なラジオ」Light Up! jiyunaradio.jp/  (中村易世)

  47 岡村幸宣「≪原爆の図≫全国巡回――占領下、100万人が観た!」<新宿書房、15・10・30>(山村茂雄)

●48 Our Planet-TV「奪われた豊かな暮らし~那須高原6年目の夏」<2016年10月14日放送>(中村易世)

●49 藤本幸久・影山あさ子監督作品「高江 森が泣いている」<森の映画社、2016年>(笠原眞弓、鎌倉悦男)

   50  小原美由紀「国会審議、選挙演説、ニュース番組、記者会見などの即時書き起こしのFacebookによる発信」(笠原眞弓)

   51 橋本勝の長年にわたる一連の風刺漫画(岩垂弘)

   52 小森敦司「日本はなぜ脱原発できないのか」<平凡社新書、16・2・15>(小森敦司)

   53 沖縄タイムス社「マリンセキュリティーと『土人』発言を巡る一連の報道」<16・5・11~10・27>(沖縄タイムス社)

●54 テレビ朝日・静岡朝日テレビ ザ・スクープスペシャル終戦企画「緑十字機 決死の飛行~誰も知らない空白の7日間~」

   <2016年8月14日放送>(テレビ朝日、鎌倉悦男)

●55  鈴木聡監督作品「BE FREE! 原爆の残り火を、パレスティナへ~アースキャラバン2015~」

   (NPO法人EARTH CARAVAN、鎌倉悦男)

●56 Our Planet-TVの白石草さんの活動(丸浜江里子)

  57 IWJ(代表・岩上安身)の活動(丸浜江里子)

.  58 森住卓「沖縄戦・最後の証言―おじい・おばあが米軍基地建設に抵抗する理由」

   <新日本出版社、16・7・30>(千葉智恵子)

 59 加藤陽子「戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗」<朝日出版社、16・8・9>(千葉智恵子)

 60 高知新聞取材班「秋のしずく 敗戦70年のいま」<高知新聞社、16・7・20>(高知新聞社報道部)

●61 テレビ熊本「還らざる魂魄~シベリア・死者たちの声が聞こえる~」<2015年12月29日放送>(テレビ熊本、鎌倉悦男)

●62 川越道彦・青木りゅうじ監督作品「本庄いなっ様の夏祭り」<川越プロ、2016年>(川越道彦)

●63 岩崎雅典監督作品「福島 生きものの記録シリーズ4~生命」<群像舎、2016年>(鎌倉悦男)

●64 久保田桂子監督作品「海へ 朴さんの手紙」<配給スリーピン、2016年>(鎌倉悦男)

●65 熊本県民テレビ NNNドキュメント’16「生きる伝える“水俣の子”の60年」<2016年5月1日放送>(鎌倉悦男)

●66 読売テレビ NNNドキュメント’16「かあさんと呼びたい叫びたい~原爆孤児を支

   えた心の里親運動~」<2016年4月17日放送>(鎌倉悦男)

●67 長崎放送「消えゆく記憶~発掘された原爆写真~」<2016年5月29日放送>(関口達夫、鎌倉悦男)

 68 松岡將「王道楽土・満州国の『罪と罰』」<同時代社、16・5・30>(小俣光子)

 69 伊藤淳「父・伊藤律――ある家族の『戦後』」<講談社、16・7・11>(小俣光子)

 

©2007 平和・協同ジャーナリスト基金 All rights reserved.

Produced byGINNOHOSHIATELIER.(webmaster)