●優れた作品に賞金

 

当基金は、「平和」と「協同」に関する優れた作品を発表したり、業績を残したジャーナリストらを年1回、毎年12月上旬に顕彰しています。具体的には平和・協同ジャーナリスト基金(PCJF)賞を贈呈しています。基金賞は賞状、賞金(20~30万円)、副賞(フロンズ製の盾)から成ります。これまでに、180の個人・団体に贈呈しました。

 

その他、基金の趣旨に沿った事業(コンサート、講演会など)をおこなっています。

 

●市民の寄金で運営

 

この基金は、基金の趣旨に賛同する市民の寄金によって維持されています。低利子の現在、当面、基金本体を活動に使い、なくなればまた寄金を募るという方式で運営しています。日常の運営はボランティアを基本とし、基金の会計報告は監査を受けたうえ、会員全員に送付されます。基金への参加は個人を原則としますが、寄金は団体からも受け付けます。基金に参加した全員が、「平和」と「協同」に関する優れた作品や業績を推薦することができます。基金が委嘱する選考委員会がこれらを審査し、入賞を決定します。

 

●候補作品の募集

 

基金では、基金賞の候補作品の推薦、応募を受け付けています。ご自分で応募(自薦)してくださってもけっこうです。 候補作品は、平和問題、核問題、反核平和運動や、人々の協同・連帯、協同組合運動、人権擁護などに関する優れた作品で、授賞に値すると思われるもの。対象は原則として毎年11月以降、翌年10月までに発表された、新聞、週刊誌、月刊誌、ミニコミ紙などの記事、単行本、写真集、デザイン、映画、テレビ番組、ビデオ作品など。記事類は実物かそのコピー、単行本は単行本そのもの、テレビ番組やビデオ作品はそのコピーを、それぞれ推薦理由を添えて下記にお送りください。締め切りは毎年10月末。

 

〒107-0051 東京都港区元赤坂1-1-7-1103

 

平和・協同ジャーナリスト基金

 

●入会するには

 

PCJFにはどなたでも入会できます。入会金といったものはなく、寄付をしていただいた方を即会員とさせていただいています。寄付は1口1、000円とし、何口でも受け付けます。年会費といったものもなく、年1回、運営委員会から募金の訴えをさせていただきますので、懐具合に応じてカンパをお寄せください。寄付は下記の口座に振り込んでください。

 

 郵便振替口座 00110-8-651888

平和・協同ジャーナリスト基金(PCJF)

 

●お問い合わせ

 

PCJFに関する問い合わせは下記にお願いします。

 

〒107-0051  東京都港区元赤坂1-1-7-1103

UP

©2007 平和・協同ジャーナリスト基金 All rights reserved.

Produced byGINNOHOSHIATELIER.(webmaster)